written by naibil conami

はじめまして、さようなら。

一瞬、目が合った気がした。

琥南なぃびる、と、名前を付けたよ。

名付け親はきっと創造主なんだね。

だから、ここに、少し、在るみたい。